ソースに絡まるエスカルゴ

貧弱プログラマの外部記憶装置です。

【Fusion360/Blender】Fusion360のモデルデータをBlenderに読み込ませて色をつける

 今回はタイトル通りFusion360で作成したモデルデータをBlenderに読み込ませる方法です。ただしFusion360におけるテクスチャなどの色情報まではBlenderに持ってこれない」ので注意してください。


1:Fusion360のモデルデータをSTL形式で出力する
 モデルの例として以下のような簡単なロボットアームのようなモデルをFusion360で作成しました。稼働部の分だけボディで分けています。
f:id:rikoubou:20180401233759p:plain

 Fusion360のそのままのファイル形式ではBlenderに読み込めないのでSTL形式で出力させます。

 モデル名の部分を選択して右クリックします。
f:id:rikoubou:20180401234901p:plain

 出てきた項目の中から「STL形式で保存」をクリックします。
f:id:rikoubou:20180401235107p:plain

 全ボディを一つの塊として出力することもできますが、今回はボディごとに読み込ませたいので「構造」のプルダウンから「ボディごとに1ファイル」を選択します。
f:id:rikoubou:20180401235148p:plain

「ボディごとに1ファイル」が選択されていることを確認してからOKボタンを押して保存します。
f:id:rikoubou:20180401235308p:plain

 これでボディごとのSTLファイルが出力されます。
(※STLファイルに色やテクスチャの情報は含まれないので注意してください)


2:BlenderSTLファイルを読み込ませて組み合わせる
 Blenderを起動させて「File」→「Import」→「Stl」を選択して1で出力させたSTLファイルを読み込ませます。
f:id:rikoubou:20180402000106p:plain

 STLファイルを読み込むと何故か90度傾いているので、読み込んだ後「Rotation」の「X軸」の値を90度回転させてください。また普通に読み込ませるとモデルがかなり大きいようなで「Scale」の値も調節して見やすいようにしてください。
 Fusion360での位置関係は保存されているので、全ての読み込んだファイルについて同じ角度、スケールにしてやるとちゃんとした位置に表示されます。

 今回は取り込んだSTLファイルを全て「X軸を90度、Scaleを全て0.01」に設定しました。
f:id:rikoubou:20180402001122p:plain


3:各オブジェクトに色をつける
 元のFusion360のファイルでは色をつけていませんでしたが、テクスチャなどをつけていたとしてもSTLファイルにした時点で色が抜けてしまいます。なのでBlender上で色をつける必要があります。

 色をつけたいオブジェクトを選択した状態で「Materialアイコン」をクリックし「New」のボタンをクリックします。
f:id:rikoubou:20180402001811p:plain

 Materialが追加されるので「Diffuse」の白い部分をクリックします。
f:id:rikoubou:20180402002036p:plain

 すると色が選択できるので、各値を調節してボディにつけたい色を選択します。
f:id:rikoubou:20180402002142p:plain

 色を選択したらわかりやすいようにMaterial.001の名称を変更します。ここでは黒っぽい色を選択してマテリアルの名前をBlackにしました。
f:id:rikoubou:20180402002537p:plain

 これで該当部分に色がつきました。
f:id:rikoubou:20180402002641p:plain

 色がつかない場合は3D Viewの下あたりにあるアイコンを「Material」に変更すると適用されます。
f:id:rikoubou:20180402002858p:plain

 一度作成したMaterialは他のオブジェクトにも適用できますし、新たなMaterialを作成すれば違う色にすることもできます。

 今回読み込んだFusion360のデータはこのように色付けしました。
f:id:rikoubou:20180402003224p:plain


 以上がFusion360のモデルデータをBlenderに取り込む方法です。色情報まで読み込むことはできませんが、パーツごとにボディを分けてインポートすれば簡単に色分けすることができます。

 次はこのモデルデータを使ってボーンではなく、別の方法でのアニメーションの解説をしたいと思います。


・参考資料


・次の記事
rikoubou.hatenablog.com