ソースに絡まるエスカルゴ

貧弱プログラマの外部記憶装置です。

【ESP32】ESP32とスマホを接続してWiFiUDP通信する方法

rikoubou.hatenablog.com

↑の前回の記事でESP32を使って以降、ESP32をいじっています。今回はタイトル通り「ESP32とスマホを繋いでUDP通信する方法」をやってみたので記録しておきます。

1:ESP32とUDP通信できるようにする
基本的にはWiFiをアクセスポイント(APモード)で使用するプログラムを少し変更するだけでできます。以下がプログラムになります。

・ESP32_WiFiUDP.ino

#include <WiFi.h>
#include <WiFiUdp.h>

const char ssid[] = "ESP32_wifi"; // SSID
const char pass[] = "esp32pass";  // password
const int localPort = 10000;      // ポート番号

const IPAddress ip(192, 168, 4, 1);       // IPアドレス(ゲートウェイも兼ねる)
const IPAddress subnet(255, 255, 255, 0); // サブネットマスク

WiFiUDP udp;

void setup() {
  Serial.begin(115200);

  WiFi.softAP(ssid, pass);           // SSIDとパスの設定
  WiFi.softAPConfig(ip, ip, subnet); // IPアドレス、ゲートウェイ、サブネットマスクの設定

  Serial.print("AP IP address: ");
  IPAddress myIP = WiFi.softAPIP();
  Serial.println(myIP);

  Serial.println("Starting UDP");
  udp.begin(localPort);  // UDP通信の開始(引数はポート番号)

  Serial.print("Local port: ");
  Serial.println(localPort);
}

void loop() {
  if (udp.parsePacket()) {
    Serial.println(udp.read()); // UDP通信で来た値を表示
  }
}

WiFiUdp.hを読み込んで使用します。ポート番号とIPアドレスは固定させていた方が良いと思います。

上記のプログラムを書き込むとSSIDで指定した名前でWiFiが飛ぶようになります。passwordで設定したパスを入力すれば接続できます。


2:スマホにアプリを入れてUDPコントローラを作成する
次にスマホUDPコントローラとして使うためのアプリ「WiFi TCP/UDP Controller」を以下のリンクからインストールします。
play.google.com


インストール後にWiFi TCP/UDP Controllerを立ち上げるとDEFと書かれた多くのボタンが表示されます。最初は何も設定されていないので、右上にある「PREFERENCE」をタップして各ボタンの設定を行います。

f:id:rikoubou:20170531180529p:plain

・IP or Domain Name
 IPアドレスドメイン名を設定します。1のプログラムそのままの場合は「192.168.4.1」と設定します。

・Port
 ポート番号を設定します。1のプログラムそのままの場合は「10000」と設定します。

・BUTTON Name
 画面に表示されるボタン名を設定します。設定画面に移動したときに出てくる画像通りの並び順なので、それぞれのボタンに表示させたい名前を設定します。自分の場合は以下のように設定しました。

ボタン名 表示名
button2
button4 ◀︎
button6 ▶︎
button8
button19 B
button21 A

・BUTTON Command
 ボタンを押した際に送信する値を設定します。設定画面に移動したときに出てくる画像通りの並び順なので、それぞれのボタンに表示させたい名前を設定します。ASCII-HEXでは文字列を送信する場合は「ASCII」、数値を送信する場合は「HEX」を選びます。

自分の場合は以下のように設定しました。

項目名 設定値
ASCII-HEX ASCII
button2 0
button4 1
button6 2
button8 3
button19 4
button21 5

 STOP COMMANDではボタンを離したときに送信される値を設定します。自分の場合は以下のように設定しました。

項目名 設定値
button2 6
button4 6
button6 6
button8 6
button19 6
button21 6

・BUTTON Visibility
 ボタンの表示/非表示を設定します。デフォルトでは全てのボタンが表示されているので、不要なボタンは非表示にします。自分の場合は以下のように設定しました。

項目名 チェック
button2
button4
button6
button8
button19
button21

上記以外のチェックは全て外しています。

・BUTTON Repeatable
 ボタンを押している間の送信時間間隔を設定します。個別のボタンごとに設定もできますが、自分の場合は以下のように設定しました。

項目名 設定値
Individual Intervals OFF
Interval(ms) 200

・Send Data
 送った値を画面下に表示させるかどうかを設定します。自分の場合はONにしています。

・設定完了例
 自分が作成したコントローラは以下のようになります。各ボタンを押したときに上にある数字が送信されます。全てのボタンにおいて離したときに6が送信されるようにしています。
f:id:rikoubou:20170531181547p:plain


3:ESP32とスマホを接続して通信を確認する
1のプログラムを書き込んだESP32をUSBで接続し、シリアルモニタを立ち上げます。ESP32のSSIDWiFiスマホで接続し、2で作成したコントローラのボタンを押すとその値がシリアルモニタに表示されます。(今回はASCIIで送信しており、数字の文字列が送信されているので、ASCIIの対応表で数字を変換してください)

・このような形で押したボタンの値が表示されていきます。
f:id:rikoubou:20170531185704p:plain


以上でESP32とスマホ間でのUDP通信ができました。
ESP32にディスプレイを繋げば簡単なゲームも作成できる(している方もいる)ので色々と面白いことができそうです。


・参考資料
github.com

www.nicovideo.jp